作業人員削減
自動化
人手作業を自動でライン化!
自動供給コンベヤ
改善前
供給段取り
供給作業者
鉄の棒が動いて搬送。
棒が製品に引っかかる
ことがある。
改善後
系外排出
自動供給コンベヤ
下流機械のトラブルで
製品が満杯になっても
自動で製品を排出。
お客様からの困り事・相談
人が手作業で成形品を投入している
タブレット(樹脂成形品)の成形機から立て形の
ピロー機への供給が上手くいかず、従業員が
成形機から成形品を取りに行き、手作業で投入
常時1〜2名が付きっきりになり困っている。
 現地調査の結果
既設装置が上手く機能していなかった
成形機→立て形のピロー機の間に装置があったが乗り移りがスムーズでなく、上手く機能していない事がわかった。
1
企画
現場の作業確認を行い、問題の原因を発見。
どのようにしたら、成形機→立て形のピロー機の乗り移りが
上手くいくのか検討します。
2
開発・設計
社内テスト自動供給のテスト装置を作成、検証しました。
実機テスト:お客様のピロー機に テスト装置を仮組みし、
      うまく流れるか最終検証をしました。
3
製作
テスト装置で問題なく流れることから、計画図を作成(系外排出機能も追加)。設計課より部品図の制作後、製造課にて製作、制御システムも含めて組立をします。
4
納入・調整
既設機に自動供給装置を取り付け、センサーなどの
各種調整をします。

結果:成形機→ピロー機の乗り移りがスムーズになりました。
5
成果
自動化で、付きっきりの作業がなくなりました。  (1〜2名→0名)
系外排出部作業者の近くにしたので、系外品を取りに行く移動距離がなくなりました
各装置の位置を変更せず、
ライン化に成功!
製品が自動で流れ、
ここにたまり、
供給されるように!
納入後のお客様からの反応
自動化のおかげで供給作業がなくなり、他の作業が出来るようになった。
包装機トラブル時、系外排出機能で、自動排出できるようになり作業効率が上がり、助かりました。
搬送物仕様・能力
                         
搬送物搬送物サイズ搬送能力
樹脂タブレットW 56×D 56×H 11
重さ:10g
約75個/min
(約4,500個/h)
本社・工場 〒940-1138 新潟県長岡市滝谷町2006番地
      TEL:0258-22-2211    FAX:0258-22-2214

東京営業所 〒130-0013 
      東京都墨田区錦糸1-11-1  ノイエヤマザキ 3F
      TEL:03-6284-1840    FAX:03-6284-1845

●電話かメールでお問い合わせ下さい。 (電話受付時間 本社 8:30〜17:00 東京営業所 9:00〜17:30)